撮影条件

1 禁止規定

(1)2.4GHz・920MHz等電波法で定められた電波帯の使用

(2)無人地帯①での飛行、酒気帯飛行、18歳以下の場合の資格者同伴なしの飛行

(3)目視外飛行

(4)150m以上の飛行

(5)航空路や飛行場及び周辺の飛行

(6)人の上を飛行させない

(7)高速道路や鉄道の上空の飛行禁止

(8)高圧線や受発電施設などの上空の飛行禁止

(9)その他、危険・禁止区域の飛行禁止

(10)人に向かっての飛行

(11)機体の能力を超えた飛行

(12)風速地上5m/s以上の飛行

(13)夜間飛行

(14)降雨時や雷鳴が聞こえる時の飛行

(15)霧により視界不良時の飛行

(16)技術認証のない電波が発生する機材の利用

(17)無線局など電波障害が起こる可能性がある場所での飛行

 

保険、安全性について

"空撮は一部危険が伴いますので業務中の不測の事態に備え対人対物賠償保険(10億円まで)加入しております。また、 機体、無線機器、バッテリーなどの定期点検、飛行場で点検フライトを実施し、安全を確認しております。
1/4

我社では、より安全に飛ばすためドローンスパイダー(係留装置)を導入しています。条件により使用可能です。

I

DIGITAL PHOTO SERVICE

®

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page

OSONO PHOTO OFFICE